正面反対。,明作,薪窯(赤松と雑木)にて焼成。薪窯独特の生地の部分が赤く(火色)が出て美しい。高台の削りのざっくり感が良い。,薪窯焼成にて志野釉が淡いピンク色に窯変した,/eorhyolite110172.html,抹茶茶碗,志野焼,24750円,▲中はお茶が点てやすいようにきれい,貫入に抹茶が浸みこみ少しずつ変,荒川,志野焼は、窯から出した時、窯と作品の温度差により、釉薬にヒビが入ります。(陶芸用語で貫入といいます。),dev.lisbonproject.com,抹茶茶碗,キッチン用品・食器・調理器具 , コーヒー・お茶用品 , 茶道具・湯呑・急須 , 抹茶茶碗,志野,文部大臣奨励賞受賞,陶芸家 正面反対。,明作,薪窯(赤松と雑木)にて焼成。薪窯独特の生地の部分が赤く(火色)が出て美しい。高台の削りのざっくり感が良い。,薪窯焼成にて志野釉が淡いピンク色に窯変した,/eorhyolite110172.html,抹茶茶碗,志野焼,24750円,▲中はお茶が点てやすいようにきれい,貫入に抹茶が浸みこみ少しずつ変,荒川,志野焼は、窯から出した時、窯と作品の温度差により、釉薬にヒビが入ります。(陶芸用語で貫入といいます。),dev.lisbonproject.com,抹茶茶碗,キッチン用品・食器・調理器具 , コーヒー・お茶用品 , 茶道具・湯呑・急須 , 抹茶茶碗,志野,文部大臣奨励賞受賞,陶芸家 24750円 薪窯焼成にて志野釉が淡いピンク色に窯変した 志野焼 抹茶茶碗 正面反対。 ▲中はお茶が点てやすいようにきれい 薪窯(赤松と雑木)にて焼成。薪窯独特の生地の部分が赤く(火色)が出て美しい。高台の削りのざっくり感が良い。 文部大臣奨励賞受賞 陶芸家 荒川 明作 志野 抹茶茶碗 志野焼は、窯から出した時、窯と作品の温度差により、釉薬にヒビが入ります。(陶芸用語で貫入といいます。) 貫入に抹茶が浸みこみ少しずつ変 キッチン用品・食器・調理器具 コーヒー・お茶用品 茶道具・湯呑・急須 抹茶茶碗 薪窯焼成にて志野釉が淡いピンク色に窯変した 志野焼 抹茶茶碗 正面反対 中はお茶が点てやすいようにきれい 薪窯 赤松と雑木 にて焼成 薪窯独特の生地の部分が赤く 火色 が出て美しい 高台の削りのざっくり感が良い 志野 貫入に抹茶が浸みこみ少しずつ変 文部大臣奨励賞受賞 窯から出した時 陶芸家 陶芸用語で貫入といいます 釉薬にヒビが入ります 窯と作品の温度差により 明作 正規品 荒川 志野焼は 24750円 薪窯焼成にて志野釉が淡いピンク色に窯変した 志野焼 抹茶茶碗 正面反対。 ▲中はお茶が点てやすいようにきれい 薪窯(赤松と雑木)にて焼成。薪窯独特の生地の部分が赤く(火色)が出て美しい。高台の削りのざっくり感が良い。 文部大臣奨励賞受賞 陶芸家 荒川 明作 志野 抹茶茶碗 志野焼は、窯から出した時、窯と作品の温度差により、釉薬にヒビが入ります。(陶芸用語で貫入といいます。) 貫入に抹茶が浸みこみ少しずつ変 キッチン用品・食器・調理器具 コーヒー・お茶用品 茶道具・湯呑・急須 抹茶茶碗 薪窯焼成にて志野釉が淡いピンク色に窯変した 志野焼 抹茶茶碗 正面反対 中はお茶が点てやすいようにきれい 薪窯 赤松と雑木 にて焼成 薪窯独特の生地の部分が赤く 火色 が出て美しい 高台の削りのざっくり感が良い 志野 貫入に抹茶が浸みこみ少しずつ変 文部大臣奨励賞受賞 窯から出した時 陶芸家 陶芸用語で貫入といいます 釉薬にヒビが入ります 窯と作品の温度差により 明作 正規品 荒川 志野焼は

薪窯焼成にて志野釉が淡いピンク色に窯変した 志野焼 抹茶茶碗 正面反対 中はお茶が点てやすいようにきれい 薪窯 赤松と雑木 にて焼成 薪窯独特の生地の部分が赤く 火色 が出て美しい 高台の削りのざっくり感が良い 志野 貫入に抹茶が浸みこみ少しずつ変 購買 文部大臣奨励賞受賞 窯から出した時 陶芸家 陶芸用語で貫入といいます 釉薬にヒビが入ります 窯と作品の温度差により 明作 正規品 荒川 志野焼は

薪窯焼成にて志野釉が淡いピンク色に窯変した 志野焼 抹茶茶碗 正面反対。 ▲中はお茶が点てやすいようにきれい 薪窯(赤松と雑木)にて焼成。薪窯独特の生地の部分が赤く(火色)が出て美しい。高台の削りのざっくり感が良い。 文部大臣奨励賞受賞 陶芸家 荒川 明作 志野 抹茶茶碗 志野焼は、窯から出した時、窯と作品の温度差により、釉薬にヒビが入ります。(陶芸用語で貫入といいます。) 貫入に抹茶が浸みこみ少しずつ変

24750円

薪窯焼成にて志野釉が淡いピンク色に窯変した 志野焼 抹茶茶碗 正面反対。 ▲中はお茶が点てやすいようにきれい 薪窯(赤松と雑木)にて焼成。薪窯独特の生地の部分が赤く(火色)が出て美しい。高台の削りのざっくり感が良い。 文部大臣奨励賞受賞 陶芸家 荒川 明作 志野 抹茶茶碗 志野焼は、窯から出した時、窯と作品の温度差により、釉薬にヒビが入ります。(陶芸用語で貫入といいます。) 貫入に抹茶が浸みこみ少しずつ変





陶芸作家の手造り陶器を買うならココ♪荒川 明の陶房は浜松の山奥の引佐町奥山にあり、
その名前のとうり山奥となります。
そこには古い時代に使かわれた薪窯を荒川明が独自に
工夫をして窯を作りました。
自然の炎色、自然釉、灰かぶりの美しさの中に大胆な
景色の出る焼き物で同じ作品は2度と出来ません。

サイズ
直径12.5cm×高さ8.5cm
素材
陶器(木箱付き)
特長
薪窯の場所により、この様なやさしい志野釉肌。薪窯焼成にて志野釉が淡いピンク色に窯変した志野焼抹茶茶碗
焼成方法

薪窯焼成

※モニーターによって多少色具合が違う場合があります。
荒川明の志野 焼締志野のこだわり 1、土作り
原土をハンマーでたたき粉します。 粉れた土に水をかけ柔らかいします。 もぐさ土原土から石を取り除き 石臼で杵でつき粘りを出します。
そのまま使ったり、他の土とブレンドしたりし土味を大切にしております。
荒川明の志野 焼締志野のこだわり

荒川明の志野 焼締志野のこだわり2、『薪窯焼成』のこだわり
荒川明の作品は薪窯焼成の作品がとても多いです。
全体的に釉薬物(色付け)の作品も薪の煙、ヤニが作品に付き面白い作品が焼き上がります。

灯油窯、ガス窯で還元焼成 志野焼 薪窯で焼成焼締志野

薪窯焼成にて志野釉が淡いピンク色に窯変した 志野焼 抹茶茶碗 正面反対。 ▲中はお茶が点てやすいようにきれい 薪窯(赤松と雑木)にて焼成。薪窯独特の生地の部分が赤く(火色)が出て美しい。高台の削りのざっくり感が良い。 文部大臣奨励賞受賞 陶芸家 荒川 明作 志野 抹茶茶碗 志野焼は、窯から出した時、窯と作品の温度差により、釉薬にヒビが入ります。(陶芸用語で貫入といいます。) 貫入に抹茶が浸みこみ少しずつ変

注目記事[一覧]