荒川明,木箱付き,濃い鼠色と横に流れる様な志野釉が対比して,おちょこ,作,ぐいのみ,こだわりのギフト,【送料無料】,/eorhyolite110272.html,還暦祝いなどの,焼締,【無料ラッピング承ります】ggu-11,dev.lisbonproject.com,9240円,確かな作陶技術と使い心地の良さ,キッチン用品・食器・調理器具 , ワイン・バー・酒用品 , 酒器 , ぐい呑み・おちょこ,玄人好みの色合いのぐいのみ,陶芸作家,文部大臣奨励賞受賞の陶芸作家の,贈り物に最適,志野 9240円 濃い鼠色と横に流れる様な志野釉が対比して 玄人好みの色合いのぐいのみ 文部大臣奨励賞受賞の陶芸作家の 確かな作陶技術と使い心地の良さ 焼締 志野 ぐいのみ おちょこ 陶芸作家 荒川明 作 木箱付き こだわりのギフト 還暦祝いなどの 贈り物に最適 【送料無料】 【無料ラッピング承ります】ggu-11 キッチン用品・食器・調理器具 ワイン・バー・酒用品 酒器 ぐい呑み・おちょこ 濃い鼠色と横に流れる様な志野釉が対比して 中古 玄人好みの色合いのぐいのみ 文部大臣奨励賞受賞の陶芸作家の 確かな作陶技術と使い心地の良さ 焼締 志野 ぐいのみ おちょこ 陶芸作家 贈り物に最適 作 ggu-11 還暦祝いなどの 無料ラッピング承ります こだわりのギフト 送料無料 木箱付き 荒川明 荒川明,木箱付き,濃い鼠色と横に流れる様な志野釉が対比して,おちょこ,作,ぐいのみ,こだわりのギフト,【送料無料】,/eorhyolite110272.html,還暦祝いなどの,焼締,【無料ラッピング承ります】ggu-11,dev.lisbonproject.com,9240円,確かな作陶技術と使い心地の良さ,キッチン用品・食器・調理器具 , ワイン・バー・酒用品 , 酒器 , ぐい呑み・おちょこ,玄人好みの色合いのぐいのみ,陶芸作家,文部大臣奨励賞受賞の陶芸作家の,贈り物に最適,志野 濃い鼠色と横に流れる様な志野釉が対比して 中古 玄人好みの色合いのぐいのみ 文部大臣奨励賞受賞の陶芸作家の 確かな作陶技術と使い心地の良さ 焼締 志野 ぐいのみ おちょこ 陶芸作家 贈り物に最適 作 ggu-11 還暦祝いなどの 無料ラッピング承ります こだわりのギフト 送料無料 木箱付き 荒川明 9240円 濃い鼠色と横に流れる様な志野釉が対比して 玄人好みの色合いのぐいのみ 文部大臣奨励賞受賞の陶芸作家の 確かな作陶技術と使い心地の良さ 焼締 志野 ぐいのみ おちょこ 陶芸作家 荒川明 作 木箱付き こだわりのギフト 還暦祝いなどの 贈り物に最適 【送料無料】 【無料ラッピング承ります】ggu-11 キッチン用品・食器・調理器具 ワイン・バー・酒用品 酒器 ぐい呑み・おちょこ

濃い鼠色と横に流れる様な志野釉が対比して 中古 玄人好みの色合いのぐいのみ 文部大臣奨励賞受賞の陶芸作家の 確かな作陶技術と使い心地の良さ 焼締 志野 ぐいのみ おちょこ 陶芸作家 贈り物に最適 作 贈答品 ggu-11 還暦祝いなどの 無料ラッピング承ります こだわりのギフト 送料無料 木箱付き 荒川明

濃い鼠色と横に流れる様な志野釉が対比して 玄人好みの色合いのぐいのみ 文部大臣奨励賞受賞の陶芸作家の 確かな作陶技術と使い心地の良さ 焼締 志野 ぐいのみ おちょこ 陶芸作家 荒川明 作 木箱付き こだわりのギフト 還暦祝いなどの 贈り物に最適 【送料無料】 【無料ラッピング承ります】ggu-11

9240円

濃い鼠色と横に流れる様な志野釉が対比して 玄人好みの色合いのぐいのみ 文部大臣奨励賞受賞の陶芸作家の 確かな作陶技術と使い心地の良さ 焼締 志野 ぐいのみ おちょこ 陶芸作家 荒川明 作 木箱付き こだわりのギフト 還暦祝いなどの 贈り物に最適 【送料無料】 【無料ラッピング承ります】ggu-11





薪窯焼成の志野焼ぐいのみ

荒川 明の陶房は浜松の山奥の引佐町奥山にあり、
その名前の通り山奥となります。
そこには古い時代に使かわれた薪窯を荒川明が独自に
工夫をして窯を作りました。
自然の炎色、自然釉、灰かぶりの美しさの中に大胆な
景色の出る焼き物で同じ作品は2度と出来ません。

 サイズ
大き目ぐいのみ 直径8cm ×7cm高さ5.5cm 

素材
陶器(木箱付き)
特長

志野釉が長時間薪窯の炎にあたり
つやのある鼠志野に変化した三角形ぐいのみ

焼成方法

薪窯焼成

※モニーターによって多少色具合が違う場合があります。


















『志野』とは? 

志野焼は窯から出した時、釉薬にヒビが入ります。
(陶芸用語で貫入といいます。)
貫入に浸み込み少しずつ変化していきます。(景色が変わる)



焼物の場合は焼き上がった時が1番悪い状態で使って使い込んで
どのように変化をするか楽しみながら、景色のよい焼物を造り上げて
極上の作品にして下さい。(陶芸用語で景色を楽しむと言います)




志野を薪窯にて赤松と雑木を3昼夜焼成の珍しいぐいのみです。
美しさの中に大胆な景色の出る焼き物で同じ作品は2度と出来ません。


荒川明流 志野焼
志野焼きは現在では一般的にガス窯が良いとされています。
私も灯油窯、ガス窯で還元焼成で今までやってまいりましたが
ここ10年薪窯で焼成するようになりました。
※ 焼締志野とは
最近は特に生鬼板を下掛し、素焼き後、志野釉の薄い釉、濃い釉を掛分け又わざと土肌を残し、そこが薪窯で焼成する事により火色(茶色)が出る事を意識的にやる事にして
鼠色、白、火色の入り混じった志野を焼き締め志野と名付けました。
志野とは

志野はかいらぎ(割れ)が出にくい特徴があり、
長年、土と釉と焼成の研究を行ってまいりましたが
桃山時代の志野に魅力を感じ茶碗から造り始めました。

大胆に鬼板に手文様を描いた後素焼きをします。
釉薬は平津長石の志野釉をかけますが非常に難しい技です。


志野焼 は窯から出した時、釉薬にヒビが入ります。(陶芸用語で貫入といいます。)
貫入に浸みこみ少しずつ変化していきます。(景色が変わる)
焼物の場合は焼き上がった時が1番悪い状態で使って使い込んでどのように変化をするか楽しみながら
景色のよい焼物を造り上げて極上の作品にして下さい。(陶芸用語で景色を楽しむと言います)

荒川明の志野 焼締志野のこだわり 1、土作り
原土をハンマーでたたき粉します。 粉れた土に水をかけ柔らかいします。 もぐさ土原土から石を取り除き 石臼で杵でつき粘りを出します。
そのまま使ったり、他の土とブレンドしたりし土味を大切にしております。
荒川明の志野 焼締志野のこだわり

濃い鼠色と横に流れる様な志野釉が対比して 玄人好みの色合いのぐいのみ 文部大臣奨励賞受賞の陶芸作家の 確かな作陶技術と使い心地の良さ 焼締 志野 ぐいのみ おちょこ 陶芸作家 荒川明 作 木箱付き こだわりのギフト 還暦祝いなどの 贈り物に最適 【送料無料】 【無料ラッピング承ります】ggu-11

県内ニュース一覧

情報充実を目指して意見交換する参加者
ニュース一覧 >

    プレミアム会員

    会員登録(無料)で
    プレミアムコンテンツがご覧になれます
    従来のマイページ登録のままでも
    今まで通り、ホームページは
    ご利用頂けます
    1. 「あの日のしんぶん、この日のしんぶん」
      スタンプを集めることができます
      コンプリートするとプレゼントを差し上げます
    2. 「紙面連動コンテンツ」
      ドローンや360度カメラを使った
      動画など紙面の枠を超えた
      メニューを提供します
    3. 「紙面補完機能」
      著名人らへのインタビュー詳報など
      紙面を補完する情報をお届けします

    登録する